top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

運動会のお弁当、今昔

福岡では5月に開催される運動会。

コロナ禍前、運動会と言えば子供たちの一大イベントで、家族全員で応援に行ってお昼休憩にお弁当を囲んで食べるのが定番でした。

運動会のお弁当は、ハレの日の弁当。

子供にとって運動会が楽しい思い出になるように彩り鮮やかに毎年一番力を注いで手作りしていました。


コロナ禍が過ぎ、運動会は午前中に終わって、お弁当は各教室で子供たちだけで食べるように変わりました。

それに合わせて、お弁当もこれまでよりも簡単に。

楽になり助かる一方で、みんなで集まってわいわいすることがなくなったことに寂しい気持ちも湧いてきます。


これが正解?

かといって、”またコロナ禍前のような運動会に戻してほしい”と率先していえるほどの余裕がないのも実感としてあります。


運動会は地元愛が高まるイベントととらえるのであれば、今の時代にあったそれに代わるような交流の機会が求められるのかもしれません。


これを、若干無理やりではありますが企業に当てはめると、エンゲージメント(従業員の会社に対する愛着心)をいかに高めるかに似た話ではないかと思います。

単に働きやすいだけでなく働きがいがある職場は、労働生産性も高いと言われます。

労働生産性が高まらなければ経営者は給与を安定的に上げることが難しいでしょう。

とはいえ過度な社内イベントは敬遠される時代でもあります。

経営者と従業員が一体となって自然にそれができるようにいかに取り組むか、押し付けにならないイベントを企画することも求められます。


(社労士 ハギオ)

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

100年企業を研究

こんにちは。社労士の萩尾です。皆様、GWはどのように過ごされたでしょうか。 私は5月中旬に大阪で行われる100年企業研究会主催の百年企業フェスティバルでの発表を控えて、GW最後の一日を資料作りに充てました。 企業の寿命は、30年という説があります。外部要因の変化、顧客ニーズの変化、代表者が事業を続けるうえでの年齢的な限界、それまで潜在的に存在していた問題が一気に顕在化するタイミングだからともいわれ

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

関西弁

こんにちは。社労士の萩尾です。 最近、福岡にいながら関西出身の方々と話す機会が増えたため、私の話のイントネーションに関西弁が混ざるようになってきたと感じています。 関西弁に敏感になった私は、先日も接客をいただいている店員さんのイントネーションが関西弁のようだったので得意げに「ご出身は関西ですか?」と尋ねたところ、「博多生まれ、博多育ちです。」という返事がありました。関西を意識するあまり、博多弁が関

Comments


bottom of page