top of page
  • clover-fstaff

心に響くホンモノ

 10年ほど前から、メディアなどで「傾聴」という言葉をよく聞くようになりました。相手の話を聴く(聞くではないそうです)ことにより、悩んでいる相手に安心感を持ってもらい信頼してもらえる、相手も傾聴相手と話すことで自分の考えを整理できたりするそうです。

 仕事でも私生活でもとても大切な事で40代を迎えた今、ぜひそういうスキルを身に着けたいと色々読んでいくと、このような意見にあたりました。

 「傾聴を学んだであろう人と話すと逆にストレスがたまることがある。本当に悩んでいるときに、穏やかなうなずき方から話の運びまで一辺倒で逆に相手のテクニックに巻き込まれ、誘導される不安を感じる」

 この意見を聞いて素人ながらに連想したのがモノマネ番組です。スキルや歌い方のテクニックで似せようとしている人が、とてもよく似て驚きますが本人が歌っているような心に響くものはない。

 逆に本人の一部の特徴をデフォルメして伸び伸びと楽しそうに歌ったモノマネの方が高評価だったりするのは、モノマネする人がまずは「ご本人が好き」で近づきたいと絶えず努力されている、そしてやはりマネされる歌手ご本人が、心からにじみ出て人を感動させるホンモノの輝きを自然と持ち合わせているのだなと感じます。ホンモノのすごさです。

 何事も素晴らしい本物のマネをするのは間違いなく上達の一歩ではあります。ホンモノを目指したい。そこにはスキルのみに満足して終わらない心の姿勢がとても大切なんだろうとな感じました。(そういいつつも最近のモノマネ番組で活躍している1曲で20人一挙モノマネ!という若手の方等にはエンターテイメントとしてのすごさを感じました)N友

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

繁忙期真っ只中

緑の封筒でおなじみの年度更新、そのあとに続く算定の時期を迎え、弊所は繁忙期に突入しております。 今年は例年以上に忙しい・・・原因は「定額減税」。ただでさえ忙しいのに定額減税処理が増え、まさに猫の手も借りたい忙しさでございます。 一日があっという間に過ぎていきます。仕事に追われております。 しかし、慌てて仕事をするとミスに繋がるので、忙しい時こそ深呼吸して落ち着いて業務に取り組みたいと思います。 今

年金定期便

誕生月に送られてくる年金定期便。50歳未満は納付実績、50歳以上は将来受給できる年金見込み額などが通知されます。年金定期便が手元に届くと、老後に備えしっかりと貯蓄せねばと将来について考えさせられます。 先日テレビで、現役世代に知ってほしい人生の先輩がやっててよかったBEST10が紹介されていて、個人年金が上位に入っておりました。 公的年金だけでは将来不安を感じている方が多いということでしょう。 若

Comments


bottom of page