top of page
  • clover-fstaff

心に響くホンモノ

 10年ほど前から、メディアなどで「傾聴」という言葉をよく聞くようになりました。相手の話を聴く(聞くではないそうです)ことにより、悩んでいる相手に安心感を持ってもらい信頼してもらえる、相手も傾聴相手と話すことで自分の考えを整理できたりするそうです。

 仕事でも私生活でもとても大切な事で40代を迎えた今、ぜひそういうスキルを身に着けたいと色々読んでいくと、このような意見にあたりました。

 「傾聴を学んだであろう人と話すと逆にストレスがたまることがある。本当に悩んでいるときに、穏やかなうなずき方から話の運びまで一辺倒で逆に相手のテクニックに巻き込まれ、誘導される不安を感じる」

 この意見を聞いて素人ながらに連想したのがモノマネ番組です。スキルや歌い方のテクニックで似せようとしている人が、とてもよく似て驚きますが本人が歌っているような心に響くものはない。

 逆に本人の一部の特徴をデフォルメして伸び伸びと楽しそうに歌ったモノマネの方が高評価だったりするのは、モノマネする人がまずは「ご本人が好き」で近づきたいと絶えず努力されている、そしてやはりマネされる歌手ご本人が、心からにじみ出て人を感動させるホンモノの輝きを自然と持ち合わせているのだなと感じます。ホンモノのすごさです。

 何事も素晴らしい本物のマネをするのは間違いなく上達の一歩ではあります。ホンモノを目指したい。そこにはスキルのみに満足して終わらない心の姿勢がとても大切なんだろうとな感じました。(そういいつつも最近のモノマネ番組で活躍している1曲で20人一挙モノマネ!という若手の方等にはエンターテイメントとしてのすごさを感じました)N友

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今どきの入社式

娘が4月から晴れて社会人となりました。3月の終わりに一足早く入社式が行われました。アパレル業界なのだからでしょうか…入社式はスーツではなく、好きな服でおしゃれをして出席するようにとのこと。入社式の会場にはランウェイが設置されていて、新入社員が登場するという形式だったそうです。 ニュースでも航空会社の入社式は格納庫で紙ヒコーキを飛ばしたり、また入社式に親も参加して、新入社員が親への感謝の気持ちを伝え

心身ともに健康に新年度スタート

先日、ニュースで日本の平均睡眠は7:22分でOECDの調査では33ヶ国中で最下位とのことでした。平均より1時間も少ないそうです。 厚生労働省の睡眠ガイドでは成人については6時間以上の睡眠が推奨されています。 睡眠不足の状態が続くと、注意力や判断力の低下により作業効率が低下したり、場合によっては重大な事故につながる恐れもあります。 また睡眠不足は肥満、糖尿病、うつ病の発症率も高まるそうです。 睡眠時

最近実感したこと

弊所のキャビネットには顧問先様毎にファイルがあり、DX化でほとんどはデータ化されましたが、一部手続きの控えや現在手続中の書類が保管されています。 産休・育休関係の手続はダブルクリップにピンクのシールを付けて、一目でわかるようにしていますが、以前に比べるとピンクのダブルクリップを付けたファイルが増えたなぁと実感します。私事で随分昔の話になりますが、その頃勤めていた会社に育児休業の制度はあったものの、

Comments


bottom of page