top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

健康診断


 職場では安全衛生法で年に1度の健康診断が義務付けられていますね。

若い頃は特に異常が出ることもなく、仕事を抜け出していける行事位の感覚でいました。

 しかし、コロナ禍からここ何年。40代も半ばに差し掛かり、何かと細かい「経過観察」項目を指摘されることが増えてきました。

 

そんな中、去年の健康診断で病院に受けにいった際に、「そういえば検査したことなかったなあー」と思い立ち、オプションで、とある胃関連の検査を受けましたら…まさかの異常あり!すぐさま年末に病院を受診してその後無事治療完了いたしました。

 

 母親でもあるので子供の体調には目を光らせ、病院も都度受診しますが、自分の体のこととなると本当に無頓着。職場健康診断に昔以上のありがたみを感じました。年1回の健康診断の時のみ自分の体のメンテナンス意識が働きます。

 また、コロナ禍ではスタッフの大半がおうち時間が増えることでいつもとは違う指摘を受けたりもし、情報交換でやはり外に出ることの大切さもわかりました。(病院待合室の情報交換みたいなものですね)

 

 日本人が健康診断を受診したくない理由のTOP3に「病気を発見するのが怖いから」というものがあるそうですが、せっかくの機会ですので自分の体と向き合ういい機会にしたいですね(N友)


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今どきの入社式

娘が4月から晴れて社会人となりました。3月の終わりに一足早く入社式が行われました。アパレル業界なのだからでしょうか…入社式はスーツではなく、好きな服でおしゃれをして出席するようにとのこと。入社式の会場にはランウェイが設置されていて、新入社員が登場するという形式だったそうです。 ニュースでも航空会社の入社式は格納庫で紙ヒコーキを飛ばしたり、また入社式に親も参加して、新入社員が親への感謝の気持ちを伝え

心に響くホンモノ

10年ほど前から、メディアなどで「傾聴」という言葉をよく聞くようになりました。相手の話を聴く(聞くではないそうです)ことにより、悩んでいる相手に安心感を持ってもらい信頼してもらえる、相手も傾聴相手と話すことで自分の考えを整理できたりするそうです。 仕事でも私生活でもとても大切な事で40代を迎えた今、ぜひそういうスキルを身に着けたいと色々読んでいくと、このような意見にあたりました。 「傾聴を学んだで

心身ともに健康に新年度スタート

先日、ニュースで日本の平均睡眠は7:22分でOECDの調査では33ヶ国中で最下位とのことでした。平均より1時間も少ないそうです。 厚生労働省の睡眠ガイドでは成人については6時間以上の睡眠が推奨されています。 睡眠不足の状態が続くと、注意力や判断力の低下により作業効率が低下したり、場合によっては重大な事故につながる恐れもあります。 また睡眠不足は肥満、糖尿病、うつ病の発症率も高まるそうです。 睡眠時

Comments


bottom of page