top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

2023年最後の記事

いよいよ今年も残すところ5日となりました。社労士の萩尾です。

振り返りますと、当法人にとって今年は正念場の一年でありました。

これまでとは業務の進め方を変え、地固めを続けてまいりました。

その甲斐があって、職員一人一人の自主性が磨かれております。

また、事務所初で産休を取得する職員もおり、チームで業務をカバーする

ことに注力しこれまで取り組んでいたDX化、情報共有化が生かされる形となりました。


一方で、セキュリティ強化の取組はこれまで以上に大きな問題となっております。

法人としてどんなにISMS体制に取り組んでいても基幹システムが攻撃され、

情報流出を防ぐためにアクセスが制限されればなすすべがないという経験は貴重でした。

この経験からどこに資源を注力すべきかということが明確になりました。


こういった経験を一つ一つ積み重ねながら

人事労務のプロとして今欲しい情報をご提供し、愛される社労士法人を目指してまいります。


どうぞ皆様よいお年をお迎えください。



【年末年始休業のお知らせ】


当法人では次の期間を年末年始休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。


 令和5年12月29日(金)~ 令和6年1月3日(水)





閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

関西弁

こんにちは。社労士の萩尾です。 最近、福岡にいながら関西出身の方々と話す機会が増えたため、私の話のイントネーションに関西弁が混ざるようになってきたと感じています。 関西弁に敏感になった私は、先日も接客をいただいている店員さんのイントネーションが関西弁のようだったので得意げに「ご出身は関西ですか?」と尋ねたところ、「博多生まれ、博多育ちです。」という返事がありました。関西を意識するあまり、博多弁が関

Comments


bottom of page