top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

100年企業を研究

 こんにちは。社労士の萩尾です。皆様、GWはどのように過ごされたでしょうか。

 私は5月中旬に大阪で行われる100年企業研究会主催の百年企業フェスティバルでの発表を控えて、GW最後の一日を資料作りに充てました。

 企業の寿命は、30年という説があります。外部要因の変化、顧客ニーズの変化、代表者が事業を続けるうえでの年齢的な限界、それまで潜在的に存在していた問題が一気に顕在化するタイミングだからともいわれています。

 そのような中でも、100年続いている企業が存在するのはご存じの通りですが、最近は創業100年、200年、300年という看板を目にする機会が増えた気がします。

  割合でいうと100年企業は、日本全国の企業の中でたった2%しかありません。

 目先のことに捕らわれず、なかなかできないことをやるから100年企業になる。

 日本が大切にしているものをそのまま反映しているのが100年企業。

 ちなみに、創業100年以上の企業は、世界的に見ると日本が断然多く2022年時点で37,085社で世界に占める割合の50.1%ということだそうです。(日経BPコンサルティング調べ)

 未来を見据えてすぐには目に見えないことを投げ出さず続けられる信念に脱帽です。

 

 


 

 

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

関西弁

こんにちは。社労士の萩尾です。 最近、福岡にいながら関西出身の方々と話す機会が増えたため、私の話のイントネーションに関西弁が混ざるようになってきたと感じています。 関西弁に敏感になった私は、先日も接客をいただいている店員さんのイントネーションが関西弁のようだったので得意げに「ご出身は関西ですか?」と尋ねたところ、「博多生まれ、博多育ちです。」という返事がありました。関西を意識するあまり、博多弁が関

助成金との関わりで

6年ほど前から顧問契約をいただいているクライアント。少しずつ労務管理体制を整備し、助成金申請で求められる水準まできました。 令和5年度は業務改善助成金で支給決定された分が3件あり、現在申請手続き進行中の分が1件あります。 経費助成の対象となる納品された設備を見せていただくため施設内の設置されている場所に移動。新しい設備の横で、パートさんがにこやかに「給料も上がって、新しい設備も入ってきてですね・・

Comments


bottom of page