top of page
  • clover-fstaff

月末定例会議でのちょっとした楽しみ


 毎月最終日は、午前中いっぱいを使って事務所全体会議がありますが、その会議後は必ず所長自ら準備いただいたお弁当などで昼食を共にします。


 会議の場では、その月に関しての振り返りと業務をより良くするための方法の考察、次月に関して十分に顧問先の皆様のお役に立てるように予定と情報の共有を行います。

 こちらの場もかなり真剣なものになりますが、その後の昼食の場ではそれぞれ家庭を預かる主婦の立場として子の近況を相談したり、最近の健康情報を交換したり。

 この時間もまた良質なコミュニケーションの場で得るものがたくさんあります。

ちなみに提供されるメニューはその月々で変わりますがその時に所長・萩尾のアンテナにビビッときたもの。

 10月末である本日も彩りのよい、ヘルシーなお弁当がきて大変満喫させていただきました。

個人的には毎月末が近づくとほっともっと「期間限定メニュー」のリサーチも欠かしません。業務なみに情熱と真摯さをもってメニューの予想に取り組んでおります。

 来月も楽しみです。(N友)

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

今どきの入社式

娘が4月から晴れて社会人となりました。3月の終わりに一足早く入社式が行われました。アパレル業界なのだからでしょうか…入社式はスーツではなく、好きな服でおしゃれをして出席するようにとのこと。入社式の会場にはランウェイが設置されていて、新入社員が登場するという形式だったそうです。 ニュースでも航空会社の入社式は格納庫で紙ヒコーキを飛ばしたり、また入社式に親も参加して、新入社員が親への感謝の気持ちを伝え

心に響くホンモノ

10年ほど前から、メディアなどで「傾聴」という言葉をよく聞くようになりました。相手の話を聴く(聞くではないそうです)ことにより、悩んでいる相手に安心感を持ってもらい信頼してもらえる、相手も傾聴相手と話すことで自分の考えを整理できたりするそうです。 仕事でも私生活でもとても大切な事で40代を迎えた今、ぜひそういうスキルを身に着けたいと色々読んでいくと、このような意見にあたりました。 「傾聴を学んだで

Commenti


bottom of page