top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

久留米でのボランティア

先週末、久留米市田主丸地域で水害に遭われた家屋の復旧ボランティア活動に参加いたしました。


暑い中体力が持つか心配ではありましたが、作業途中何度も休憩があることペットボトル飲料水を何本もいただいたこと、塩飴など自前の熱中症対策でバテることなく作業を終えました。


7月10日の豪雨から3週間弱経過してもまだまだ水害の片づけは道半ば。


次のボランティア参加を8月のお盆休みを利用して計画中です。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

関西弁

こんにちは。社労士の萩尾です。 最近、福岡にいながら関西出身の方々と話す機会が増えたため、私の話のイントネーションに関西弁が混ざるようになってきたと感じています。 関西弁に敏感になった私は、先日も接客をいただいている店員さんのイントネーションが関西弁のようだったので得意げに「ご出身は関西ですか?」と尋ねたところ、「博多生まれ、博多育ちです。」という返事がありました。関西を意識するあまり、博多弁が関

助成金との関わりで

6年ほど前から顧問契約をいただいているクライアント。少しずつ労務管理体制を整備し、助成金申請で求められる水準まできました。 令和5年度は業務改善助成金で支給決定された分が3件あり、現在申請手続き進行中の分が1件あります。 経費助成の対象となる納品された設備を見せていただくため施設内の設置されている場所に移動。新しい設備の横で、パートさんがにこやかに「給料も上がって、新しい設備も入ってきてですね・・

Comments


bottom of page