top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

リレーマラソン大会へ参加


こんにちは。社労士の萩尾です。

寒さも和らいできたとはいえカイロが手放せない日々です。


2月上旬、博多の森あおぞらリレーマラソン大会に参加いたしました。


マラソン大会参加は11月の福岡マラソン以来です。1週1.5㎞の短い距離を2回気楽に走りました。

気楽に走るといいながらも、1周目よりも2周目のタイムを縮めたくなり割と懸命に走りました。その甲斐あって15秒ほど縮みましたが、参加メンバーみんな負けず嫌いなのか1周目より軒並みタイムが短くなり、せっかく懸命に走ったものの、もっと懸命に走ればよかったと妙な反省をいたしました。


職業柄すぐ運動不足になりますので、大会に出ることで日頃運動するモチベーションを維持しています。マラソン大会は冬のスポーツときいたことがありますが、寒さとの葛藤も加わり、この時期の練習は朝お布団から出るのと同じくらい気合が必要です。


それでも続けるのは、マラソン大会が息抜きの場になっているからなのかもしれません。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

関西弁

こんにちは。社労士の萩尾です。 最近、福岡にいながら関西出身の方々と話す機会が増えたため、私の話のイントネーションに関西弁が混ざるようになってきたと感じています。 関西弁に敏感になった私は、先日も接客をいただいている店員さんのイントネーションが関西弁のようだったので得意げに「ご出身は関西ですか?」と尋ねたところ、「博多生まれ、博多育ちです。」という返事がありました。関西を意識するあまり、博多弁が関

助成金との関わりで

6年ほど前から顧問契約をいただいているクライアント。少しずつ労務管理体制を整備し、助成金申請で求められる水準まできました。 令和5年度は業務改善助成金で支給決定された分が3件あり、現在申請手続き進行中の分が1件あります。 経費助成の対象となる納品された設備を見せていただくため施設内の設置されている場所に移動。新しい設備の横で、パートさんがにこやかに「給料も上がって、新しい設備も入ってきてですね・・

Comments


bottom of page