top of page
  • 執筆者の写真倫美 萩尾

スイカゲーム

年始より心痛む出来事が続いております。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


 三が日、初詣に参りました。参道に伸びた長い列に並んで両脇にある露店で購入した梅が枝餅を食べたりしながら時間を過ごしました。

 ちなみ梅が枝餅だから太宰府天満宮かと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぶーでございます。どこに初詣したかは、ご想像におまかせいたします。

 それでもまだまだ列は続きます。ポケットからスマホを取り出した娘が隣でスイカゲームを始めましたので、その様子を眺めておりました。

 プチトマトからスタートして、同じフルーツをくっつけてプチトマト→いちご→ぶどう→でこぽん→かき・・・・と大きくして最後は、スイカにするゲームです。


お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

私が今日までスイカゲームでプチトマトと思っていたフルーツは、実はさくらんぼでした。

昔トマトはフルーツだと聞いたことがありましたので都合よく解釈しておりました。

思い込みは怖いです。また、老眼も怖いです。


何でも鵜吞みにせず客観的事実は何かを念頭におきながら、本年も業務に勤しもうと思います。(社労士 萩尾)



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年問題と勤怠管理

2024年問題をきっかけに、時間外労働上限規制の適用除外がなくなる運送業や建設業のお客様から労務管理のご相談が続いています。 その中でも特に、勤怠管理。労働基準法や労働安全衛生法が求めているような勤怠管理をするのは、エクセルに頼るのも限界なようですし、人手不足で複雑化するシフトを効率的に管理したいというご要望もございます。 クライアントの社員さんに負担をかけず、細かな労働時間管理をリアルタイムで行

今どきの入社式

娘が4月から晴れて社会人となりました。3月の終わりに一足早く入社式が行われました。アパレル業界なのだからでしょうか…入社式はスーツではなく、好きな服でおしゃれをして出席するようにとのこと。入社式の会場にはランウェイが設置されていて、新入社員が登場するという形式だったそうです。 ニュースでも航空会社の入社式は格納庫で紙ヒコーキを飛ばしたり、また入社式に親も参加して、新入社員が親への感謝の気持ちを伝え

心に響くホンモノ

10年ほど前から、メディアなどで「傾聴」という言葉をよく聞くようになりました。相手の話を聴く(聞くではないそうです)ことにより、悩んでいる相手に安心感を持ってもらい信頼してもらえる、相手も傾聴相手と話すことで自分の考えを整理できたりするそうです。 仕事でも私生活でもとても大切な事で40代を迎えた今、ぜひそういうスキルを身に着けたいと色々読んでいくと、このような意見にあたりました。 「傾聴を学んだで

Comments


bottom of page